ベビー教室が人気を高めている

1才までの歩みをサポートするのがベビー教室の魅力の1つで、赤ちゃんの五感も月齢に合わせて変化を遂げるため、ベビー知育カリキュラムを提案する教室が人気を集めています。基本は、父兄が同伴する内容で知育脳を養うものの、中にはベビーシッターや保育士、さらには小児科クリニックと連携したサポート体制で教室が開講されているケースもあり、乳児ならではの不安要素を払拭できる内容です。また、ベビー教室の多くは母親参加型であり、講師と親子で一緒になって楽しい時間を過ごすことをメインテーマに掲げている教室も多く、特に人気なのは音楽を主体にしたリズム遊び、マッサージ教室などです。言葉が未発達であるため、会話が成立しない難点をカバーするためにも、人に慣れることをはじめ、豊かな感性を育てること、さらに幼児知育などの教室への移行をスムーズにする内容で展開されています。

母親向けのベビー教室

近年、ベビー教室の在り方に変遷があり、子供の能力を高めるための学習教室のみならず、育児ビギナーとなる母親向けのベビー教室が人気を集め、赤ちゃんと一緒に参加する母親が増えています。例えば、1才までの育児に対する悩みに対して、アドバイスを行うベビー教室も人気が高まりつつあり、支援によって母子共に感受性を養える利点が挙げられています。例えば、発育や発達への戸惑いなども挙げられるテーマで、2ヵ月頃の赤ちゃんの場合、運動機能が徐々に発達し、手足も頻繁に動かし、顔の筋肉なども発達するために興味のあるモノへの反応を目的に、モノを握らせる・音を聞かせる・香りを嗅がせるなどの機能向上をサポートしてくれます。月齢によっては、あやす内容での携わりを提案する教室もあり、視線をあわせてコミュニケーションを図り、動くモノを目で追わせるなどの成長を後押ししてくれます。

感覚を養うベビー教室

近年、ベビー教室の中でもママから人気を集めているのが、ベビーマッサージを提案している教室です。赤ちゃんの全身をマッサージする内容で、スキンシップの1つとして人気を高めています。赤ちゃんに対して、安心感や愛情を感じさせると同時に発達も促すことができる内容です。また、ベビーマッサージを提案することができるインストラクターの資格を後押ししている教室も増えており、指導にあたる講師も技術や知識、経験やノウハウを多彩に持つプロのベビーマッサージインストラクターとして活躍しているため、適切な指導が提案されています。また、ベビー教室で近年話題を集めているのが、ママ参加型となるヨガ教室です。ママと赤ちゃんがペアになり、膝の上で背中をストレッチしたり、股関節や筋肉をバランス良く動かすことにより、脳を刺激させ、筋力を発達させ、リズム感やバランス感覚を養うことを目的としており、人気を高めています。