防犯の基本は通学路の把握

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめの情報

子供にも気をつけさせることが大切

通学時の防犯は防犯ブザーがおすすめ 通学時の防犯対策には色々な事が考えられますが、複数の対策を…

詳細

防犯の基本は通学路の把握

通学の防犯は通学路の下調べが大事 通学の最中に子供を狙う不審者には、気を付けなければなりません…

詳細

通学の防犯は通学路の下調べが大事

通学の最中に子供を狙う不審者には、気を付けなければなりません。不審者はターゲットになる子供を、常に探しています。通学路には、危険が沢山潜んでいます。通学路の危険性について、考えてみることが大事です。まずは、通学路に危険な場所がないか、確認しておきましょう。人通りの少ないところや死角がある場所など、不審者が潜んでいる可能性があります。
そのような場所には極力近寄らないように、教えておきましょう。公園の公衆便所や人気のない空き家などにも、注意が必要です。危険な場所がある場合は、通学路の変更も考えてください。場所以外にも、駐車している車に潜んでいる可能性も考えられます。大きな車ならば、近くを通っただけで、引きずり込まれてしまう可能性もあります。ずっと止まっているような不審な車には、警戒が必要です。
また、実際に不審者にあったらどうするかも、想定しておく必要があります。すぐに駆け込めるお店や知り合いの家がないか、通学路で探しておきましょう。子供を持つ親御さんは、一度子供と一緒に通学路を歩いてみましょう。安心安全に学校に通えるように、細心の注意を払うようにしてください。通学路の危険性について、親子で理解しておくことが重要です。

自衛から始める通学時の防犯

通学時の防犯として最も知られているものは、子どもに防犯ブザーを持たせたり、通学路や自宅に防犯カメラをつけたり、近所の方に見守り活動をお願いするといった方法などがありますが、一番の方法は「子どもを狙った犯罪があるかもしれない」という前提の上、親子で「自衛」することだと思います。
親は警察署や学校から配信される不審者情報をいつでも受け取れる状態にし、不審者が出そうなところを知っておく必要があります。人が隠れられるスペースがあるような箇所や見通しが悪い場所、人通りが少ない場所、万が一の時に助けを求められない場所があった場合、あらかじめ子どもに「その場所を通ったり、遊んではいけない」と伝えておいたほうが良いでしょう。また子ども110番の家やコンビニなど助けを求められる場所を教えておくことも大切です。
子どもにはGPS機能付きの携帯電話を持たせるのも効果的です。親は子どもがどこにいるか分かりますし、子どもは携帯電話を使って助けを求めることもできます。学校に携帯電話を持ち込んではいけない場合、担任に事情を話し、授業中などは預かってもらうといった方法もあります。
子どもを狙った犯罪は突発的なものもありますが、顔見知りによる犯罪もあり得ます。子どもには「親の知り合いを名乗る人」や「親以外の人からの誘いには乗ってはいけない」と伝えることも大切です。

注目の記事

大きな声でのあいさつが作る安心な街

"学校と自治会が連携した防犯活動 私が住んでいる地区では、学校と自治会が連携し地域の子供が安心して通学出来る環境を古くから整えています。地区ごとに班を編成し、登下校は班で固まって行動しています。昔のような単独での登下校は禁止になっています。更に各班には大人が一人つくようにしています…

詳細

カメラと人の目で不審者を撃退

通学の防犯のために保護者の当番 子供たちが通っている小学校では、PTAが中心となって保護者が当番制で子供たちの見守りを行っています。見守りを行っている学校は全国でも広まっており、登校時には危険個所に黄色のパトロールの旗を持って立ちます。大人が旗を持って立つことで、車が気を付けて運転…

詳細

見所一覧

2017年07月25日
子供にも気をつけさせることが大切を更新しました。
2017年07月25日
防犯の基本は通学路の把握を更新しました。
2017年07月25日
大きな声でのあいさつが作る安心な街を更新しました。
2017年07月25日
カメラと人の目で不審者を撃退を更新しました。

Copyright(C)2017 通学を通して子供に植えつけたい防犯意識 All Rights Reserved.