カメラと人の目で不審者を撃退

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

おすすめの情報

子供にも気をつけさせることが大切

通学時の防犯は防犯ブザーがおすすめ 通学時の防犯対策には色々な事が考えられますが、複数の対策を…

詳細

防犯の基本は通学路の把握

通学の防犯は通学路の下調べが大事 通学の最中に子供を狙う不審者には、気を付けなければなりません…

詳細

通学の防犯のために保護者の当番

子供たちが通っている小学校では、PTAが中心となって保護者が当番制で子供たちの見守りを行っています。見守りを行っている学校は全国でも広まっており、登校時には危険個所に黄色のパトロールの旗を持って立ちます。大人が旗を持って立つことで、車が気を付けて運転してくれているように感じられます。徐行運転をしたり、停車したり、子供たちにぶつからない配慮が見かけられます。
通学路は、車通りの少ない道を選んでいます。できるだけ住宅街を通るように通学路の設定をしていますが、近道をしたい車がどんどん通過していきます。子供たちには、学校からも家庭でも交通ルールを教えています。しかし、通学時間帯は通勤時間帯と重なるために、交通ルールを守らない車を多く見かけます。車で子供たちをあおる姿を見ると悲しくなります。
そんな車を減らすためにも、保護者の見守りが必要です。朝は旗当番、下校時は下校パトロールと呼んでいます。黄色の旗は、車から目立ちます。大人が立っていることで、車からも子供たちからも見えやすく、車を的確に止めることができます。
この保護者の見守りがあることで、通学の防犯にも役立っています。不審者は出て来ません。車からも不審者からも守ることができ、安心して通学できる環境になっています。

通学の防犯には防犯カメラが有効

子供に対する犯罪は、ここ数年減ることがありません。特に危険なのが子供の登下校時です。親から離れ子供だけという無防備な状態。それに人通りや車の通りが少ないところは本当に危険がたくさんです。こうしたところに犯罪者は目をつけるのです。
そこで最近は通学路に防犯カメラを設置する動きが増えています。こうした動きは大きな犯罪の抑止力になります。防犯カメラがあるという事で、万が一何か犯罪が起きたときも早急に対応をする事ができます。また、防犯カメラを設置しているという前提があるだけでも、犯罪者にとっては脅威になり、事件を事前に防ぐという大きな効果があります。
設置はまだ全国各地には広がっていませんが、都心部では徐々に増えてきています。しかしながら、これは郊外にこそ広げなくてはなりません。郊外に行くと登下校中に一人になるという子供も多くなります。また、人目に付かない場所も多くなります。都心部だけでなく、全国的にこうした防犯カメラの設置を行うことで、犯罪を未然に防ぐことができます。プライバシーの問題も出てきますが、それ以上に子供が犯罪に巻き込まれない社会を作るということが必要です。防犯カメラはその一歩にもなるのです。

注目の記事

大きな声でのあいさつが作る安心な街

"学校と自治会が連携した防犯活動 私が住んでいる地区では、学校と自治会が連携し地域の子供が安心して通学出来る環境を古くから整えています。地区ごとに班を編成し、登下校は班で固まって行動しています。昔のような単独での登下校は禁止になっています。更に各班には大人が一人つくようにしています…

詳細

カメラと人の目で不審者を撃退

通学の防犯のために保護者の当番 子供たちが通っている小学校では、PTAが中心となって保護者が当番制で子供たちの見守りを行っています。見守りを行っている学校は全国でも広まっており、登校時には危険個所に黄色のパトロールの旗を持って立ちます。大人が旗を持って立つことで、車が気を付けて運転…

詳細

見所一覧

2017年07月25日
子供にも気をつけさせることが大切を更新しました。
2017年07月25日
防犯の基本は通学路の把握を更新しました。
2017年07月25日
大きな声でのあいさつが作る安心な街を更新しました。
2017年07月25日
カメラと人の目で不審者を撃退を更新しました。

Copyright(C)2017 通学を通して子供に植えつけたい防犯意識 All Rights Reserved.