子供にも気をつけさせることが大切

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめの情報

子供にも気をつけさせることが大切

通学時の防犯は防犯ブザーがおすすめ 通学時の防犯対策には色々な事が考えられますが、複数の対策を…

詳細

防犯の基本は通学路の把握

通学の防犯は通学路の下調べが大事 通学の最中に子供を狙う不審者には、気を付けなければなりません…

詳細

通学時の防犯は防犯ブザーがおすすめ

通学時の防犯対策には色々な事が考えられますが、複数の対策を併用して子供の安全を確保することが大切です。通学路にカメラを設置したり、地域のボランティア団体の協力で通学路をパトロール巡回してもらうなど防犯対策があり、これらにプラスして子供自身に防犯ブザーを持たせることも有効な対策です。
防犯ブザーを子供に持たせるメリットは、不審者に遭遇してしまった場合、周りの人に異常を知らせることが出来ます。大声で助けを呼ぶことも大切ですが、緊急の時大人でも冷静な対応が出来ない時もあり、子供はなおさら声を出せない場合もあります。
防犯ブザーを鳴らすことで、周囲に知らせ不審者に対してプレッシャーを与えることに繋がります。犯罪に及ぶ人間は、周囲の目を特に意識している為、音などに敏感という部分がありブザーが鳴ると逃げる可能性もあります。
防犯ブザーが鳴り不審者が逃げ出し、子供から離れるのが理想ですが、中にはブザーを止めようとする不審者もいるので、防犯ブザーの付ける位置も大切です。例えば、首からぶら下げると不審者が無理矢理引っ張った場合、子供の首を圧迫する可能性があるので、別の場所に付けるのがポイントです。使いやすい位置にあり、音を塞がないような場所を探し防犯ブザーを付けるのが理想です。

子供達に防犯を身近に感じさせることが大切

変質者に一番狙われやすいのは、普段子供達だけで通学している小学生です。子供達は無防備で無力なのでどうしても格好の餌食となってしまいます。そんな子供たちを守るためには、保護者ももちろんですが、学区に住む住人が子供たちを守ってあげる必要があります。多くの地域で防犯ブザーを持たせたり等の防犯対策はなされていますが、いまや防犯ブザーを持っている前提で、防犯ブザーを押さえるなどして作動しないようにし、犯罪を行う変質者もいるそうです。
学校では変質者対応訓練を行ってはいますが、実際犯罪に巻き込まれた時、子供達だけでは何もできないのが実情でしょう。そこで子供達の安全は校区の住民が見守ってあげる必要があります。私達の地区では変質者情報が入ったらメールで詳細な情報連絡が来るようになっています。その時は保護者はもちろんですが、通学路近辺に住む住人が通学する子供達に気を付けて見守るよう指示されます。そして、変質者が保護されたという連絡もメールで届くので、その時は心から安心することができます。
また、それらの情報を子供たちにちゃんと伝えることが大切だと考えています。そうすれば、子供達も気をつけて行動するからです。友達とはしゃぐ子供達はとても無防備です。危険が迫ってきている情報を伝えることは、子供たちに注意力を持たせることができます。このように変質者の情報を伝えることが防犯対策になると思います。

注目の記事

大きな声でのあいさつが作る安心な街

"学校と自治会が連携した防犯活動 私が住んでいる地区では、学校と自治会が連携し地域の子供が安心して通学出来る環境を古くから整えています。地区ごとに班を編成し、登下校は班で固まって行動しています。昔のような単独での登下校は禁止になっています。更に各班には大人が一人つくようにしています…

詳細

カメラと人の目で不審者を撃退

通学の防犯のために保護者の当番 子供たちが通っている小学校では、PTAが中心となって保護者が当番制で子供たちの見守りを行っています。見守りを行っている学校は全国でも広まっており、登校時には危険個所に黄色のパトロールの旗を持って立ちます。大人が旗を持って立つことで、車が気を付けて運転…

詳細

見所一覧

2017年07月25日
子供にも気をつけさせることが大切を更新しました。
2017年07月25日
防犯の基本は通学路の把握を更新しました。
2017年07月25日
大きな声でのあいさつが作る安心な街を更新しました。
2017年07月25日
カメラと人の目で不審者を撃退を更新しました。

Copyright(C)2017 通学を通して子供に植えつけたい防犯意識 All Rights Reserved.